漢方財 漢方財
柚花漢方のブログ
オリジナルマーク

柚花漢方ブログ

blog

漢方で卵の質は良くなりますか? 不妊漢方治療Q&A

 

  不妊漢方治療Q&A10   Q.体外受精をしても妊娠せず、先生からは卵の質が原因と言われています。  漢方で卵の質は良くなりますか? A.卵の質が良くなった例は多数あります。     卵の質を良くしたいというご相談をよくおうかがいします。   グレードのいい卵が採れない 空胞が続いている 卵が採れても受精しない 受精卵が胚盤胞にならない 着床前診断で染色体異常のない卵ができない   など卵に関するご相談内容は多岐に渡ります。   一般的に東洋医学では卵の質を良くするには 「腎(妊娠をつかさどる臓器)」を強化するこ ・・・

漢方でAMH(卵巣年齢)は上がりますか? 不妊漢方治療Q&A

 

    不妊漢方治療Q&A9   Q.AMHが低く、体外受精をすすめられています。  漢方でAMHは上がりますか? A.基本的には上がりませんが、上がった例もあります。     AMHとは抗ミュラー管ホルモンのことで、AMHの値で卵巣予備能力がわかるとされ、 不妊治療クリニックにおいて治療の方法を決める指標とされています。   AMHは卵巣の中にある未熟な卵胞を取り囲む顆粒膜細胞から分泌されています。 卵巣の中に、将来排卵されて妊娠する可能性のある卵子を含んだ卵胞がたくさんあると、 血液中のAMHが高くなり、少なくなるとAMH ・・・

体温が低いですが妊娠できますか? 不妊漢方治療Q&A

 

    不妊漢方治療Q&A8   Q.高温期の体温が低く、36.7℃より高くなりません。  体温が低いですが妊娠できますか?  漢方で体温が上がりますか? A.原因に応じた漢方で体温を上げ、妊娠しやすい体を作ることが大切です。   体温が低いことの一番多い原因は腎陽虚、 いわゆる体を温めるエネルギーが弱いことです。 そういう場合は補陽剤を使うことで体温が上がります。 腎陽を補う方剤としては八味地黄丸、牛車腎気丸、亀鹿二仙膠などがあります。 他に体温が低いことの原因としては 気虚、脾気虚、肝血虚、心血虚などがあります。 体力低下や胃腸の冷え、神経の ・・・

妊活中に便秘薬を飲んでもいいですか? 不妊漢方治療Q&A

 

    不妊漢方治療Q&A7   Q.便秘薬を毎日飲んでいますが大丈夫ですか?  妊娠に影響はありますか? A.妊娠の可能性のある高温期の服用はおすすめしていません。     便秘薬には色々な種類がありますが たいていの成分が妊娠中には禁忌となっています。 漢方便秘薬などは体に優しいイメージがあり大丈夫そうに見えますが 例えば生薬の大黄やセンナなどは子宮収縮作用があり 流産早産の恐れがあるため妊娠中の使用はおすすめできません。 妊娠中と同様、妊娠の可能性がある高温期も 作用の強い便秘薬の服用はおすすめしていません。 特に体外受精での移植 ・・・

太っていると妊娠しにくいですか? 不妊漢方治療Q&A

 

    不妊漢方治療Q&A6 Q.太っていると妊娠しにくいですか?ダイエットしたほうがいいですか? A.太っていても妊娠可能です。特にダイエットは必要ありません。      この質問内容はよく耳にします。 ネット上でも妊娠するためにダイエットを推奨している情報が多いです。 そのため相談に来られた際にすでにダイエットに励まれていて、 糖質ダイエットでお米を食べるのをやめて体が弱っている方を見かけます。 またダイエットのために防風通聖散を飲まれている方もたまに来られます。 漢方薬局ですすめられた方もいらっしゃって衝撃を受けたこともあります。 防風通聖 ・・・

病院の薬との併用は? 不妊漢方治療Q&A

 

    不妊漢方治療Q&A5   Q.病院でホルモン剤を出されていますが併用できますか? A.併用していただいて大丈夫です。   不妊治療で使われる主な薬として 排卵誘発剤(クロミッド、セキソビットなど) 卵胞ホルモン剤(プレマリン、エストラーナなど) 黄体ホルモン剤(ルトラール、デュファストンなど) 卵胞・黄体ホルモン配合剤(プラノバール、ソフィアなど) などがありますがいずれも漢方薬との併用は大丈夫です。   また病院さんから漢方薬を処方されている場合、 こちらでの漢方を希望されるのであれば、他での漢方薬は控えてもらったほうがよいで ・・・

漢方で自然妊娠できますか? 不妊漢方治療Q&A

 

    不妊漢方治療Q&A4 Q.3回人工授精をしましたが妊娠せず、  先生から体外受精へのステップアップを勧められています。  できれば体外はしたくないのですが、漢方で自然妊娠できますか? A.卵管に問題がなければ妊娠可能です。   卵管が閉塞していなければ基本的には自然妊娠は可能です。 卵管が完全閉塞している場合でも、FT(卵管鏡下卵管形成術)で卵管を再開通させれば 漢方で自然に妊娠することも期待できます。   現在の不妊治療は高度医療が中心で、 自然妊娠についてしっかりと教えてくれるところがあまりないのが現状です。 漢方で妊娠できる体作りを ・・・

流産予防に効果はありますか? 不妊漢方治療Q&A

 

    不妊漢方治療Q&A3 Q.流産予防に効果のある漢方薬はありますか? A.原因に応じた漢方を使うことで流産の確率は下がります。   流産は誰しも起こる可能性のあるもので1度の流産は直ちに異常とはいえません。 一般に妊娠経験のある方の半分が流産経験があると言われています。 治療が必要なのは一般的には不育症と言われる繰り返す流産です。 流産には複数の原因があり、それぞれの原因に応じた対処が必要です。   主な流産を原因を上げると 胎児の染色体異常 子宮形態異常(子宮の形態異常、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腔癒着など) 内分泌代謝異常(黄体機能不全 ・・・

不妊症に効果のある漢方薬は? 不妊漢方治療Q&A

 

    不妊漢方治療Q&A2 Q.不妊症に効果のある漢方薬を教えて下さい。 A.お体の状態や時期によって必要な漢方薬は変わります。   よくおうかがいするご質問ですが、 お体の状態や時期によっても変わります。 弱っている部分、強化が必要な部分は人によって異なりますし 例えば体外受精などでは採卵期や移植期によっても使用する漢方薬は異なります。   使用する漢方薬をざっと上げると   温経湯 温胆湯 黄耆建中湯 葛根湯 加味帰脾湯 加味逍遙散 冠心二号方 帰脾湯 芎帰調血飲第一加減 亀鹿二仙膠 桂枝湯 桂枝加竜骨牡蛎湯 桂枝茯苓丸 香砂六君 ・・・

漢方でできることは? 不妊漢方治療Q&A

 

  子宝相談を行っていて皆さまから多くのご質問いただきます。 そこでよくお伺いするご質問についてブログを通してお答えしていこうと思います。     不妊漢方治療Q&A1 Q.漢方薬でできることはなんですか? A.漢方薬や漢方理論を用いた健康食品を服用することで  下記のようなことが可能です。   <女性について> 妊娠しやすい体作り 質の良い卵の成長 排卵しやすくする(多嚢胞性卵巣症候群など) 血流をよくし冷えを改善 FSHを下げる 子宮内膜を厚くする 子宮内膜を柔らかくする 抗体値を下げる ホルモンバランスを整える など   <男性に ・・・

TOP