漢方財 漢方財
柚花漢方のブログ
オリジナルマーク

相談事例一覧

consultation

眠れない、喉のつまり、体がだるい

 

    【60代前半 女性】     1か月前から眠れなくなりました。 数年前から睡眠はあまり良くなかったのですが 先月から急に悪くなり、寝つきが悪くかかりつけの医院からマイスリーを処方されていました。 飲むと眠れるのですが4時間ほどで目が覚め、そこから全く眠れないとのこと。 またマイスリーを飲むと翌日フワフワするといった副作用もありました。 睡眠以外にも常に喉のつまりをかんじるようになり、 朝から1日中だるさを感じる日もよくあるそうです。 リーゼなどのお薬も出されていましたが全く改善の兆しが見えず、 心配したお嬢さんの勧めで相談に来られました。 &nb ・・・

睡眠薬が効かなくなった

 

    【30代後半 男性】     2年前、仕事が大変で体調を崩し眠れなくなってしまいました。 とにかく忙しくノルマや締め切りなども厳しく、 体調的にも精神的にもいっぱいいっぱいの状態でした。 そこで心療内科を受診。 マイスリーなどの睡眠薬を処方され、転職したこともあり眠れるようになりましたが 最近薬が効かなくなり、漢方でなんとか改善できないかと相談に来られました。   以前は睡眠薬を飲めば眠れていましたが 今は服用するとなんとか寝つけるものの、何度も目が覚め熟睡できないそうです。 睡眠薬を服用しない日は全く寝つけないとのこと。 睡眠以外にも ・・・

不眠、動悸、不安、頭痛、便秘、喉のつまりetc

 

    【60代前半 女性】     2か月前、お母様の介護をするようになってから急に体調が悪くなり、 眠れない、動悸がする、喉がつまる、頭痛・頭重、 腕と足のしびれ、めまい、便秘など数々の不調がありました。 たまらず心療内科を受診。 レクサプロ、クロチアゼパム、スルピリド、リスミーを処方されましたが 飲むとものすごく体調が悪くなったため中止され 漢方で何とかしてほしいと相談に来られました。   まず眠れないことで体のリズムを崩されそこから不調が重なってでてきているようでした。 寝つくのに2~3時間かかり、眠りについた後も3時間程度で目覚め そ ・・・

入眠剤を飲んでも眠れない

 

    【70代前半 女性】   寝つきが悪く病院から入眠剤を処方されていましたが、 薬を飲んで寝ついても1~2時間で目覚めてしまい起きるまでの間に何度か目覚めるそうで、 漢方薬で眠れるようにしてほしいと相談に来られました。   入眠剤を飲んでも毎回寝付けるわけではなく 考えごとがあると2~3時間は眠れませんでした。 夢も多く目覚めはよくありませんでした。 そこで肝を落ち着かせ興奮を抑える漢方と 気と血の巡りを良くする漢方をお渡ししました。 だんだんと眠れるようになり、家にこもりがちだったのが みずからお出かけもされるようになり調子よく過ごされていました ・・・

シェーングレンの不快症状、緑内障の視野狭窄が漢方で改善

 

    【60代前半 女性】     シェーングレン症候群で口の渇きと目の渇きで10年以上悩まれており ご家族のすすめで相談に来られました。 病院には定期的に通院されていましたが、薬は処方されていませんでした。 また緑内障でも悩まれており、視野が狭くなっており点眼薬を使われていました。 睡眠も浅く、夜中に目が覚めると1時間以上眠れないそうです。   ストレスからくる自律神経系、免疫系の狂いが主な原因と考えられたため 体のバランスを調整するエキス製剤、肝腎の陰を補う漢方薬、 血流を良くし気をめぐらす漢方薬を飲んでいただきました。 口と目の渇きは1 ・・・

月の半分が眠れない

 

    【30代後半 女性】     1年以上前から不眠症気味とのことで相談に来られました。 睡眠に波があり、寝れないときは朝までずっと眠りが浅く、 夜中のトイレも1時間おきに行くそうです。 寝れる日もありますが、月でみると半分は眠れていないとのこと。 病院で漢方薬を処方されていましたが全く効かずやめてしまったそうです。 不眠以外にも、耳鳴り、肩こり、イライラなど 肝に問題がある症状が複数出ていました。 そこで肝をやわらげ気を巡らす漢方薬と 自律神経を整え体を自然のリズムに戻す自然薬を飲んでいただきました。 また、いろいろ頑張りすぎるところがあったため、 ・・・

睡眠薬がなくても眠れるようになりました。

 

    【60代前半 女性】     心配事があると心配が頭から離れず色々考えたり、 楽しいことがあっても気持ちが高ぶりすぎて眠れないと相談に来られました。   夜、家族以外の人と夕食を共にするだけでも眠れなくなるとのことです。 ふとんに入ってもなかなか寝つけず、朝方になってようやく寝つくといった毎日でした。 そのためレンドルミンをお医者さんから処方されていましたが、 飲んでも全く眠れない日もあるそうです。 もともと真面目な性格の上に心配性で、 神経の使い過ぎから「心」と「肝」の血が不足している状態でした。 また度重なる不眠とそれによる体力低下 ・・・

過度の不安と不眠が漢方薬で改善

 

    【30代後半 女性】     お子さんの幼稚園で役を引き受けるのをきっかけに眠れなくなったとご相談に来られました。 最初は寝付くのに1~2時間かかるだけでしたが、 最近は朝まで眠れないこともたびたびあり、寝付いた後もよく目が覚めるそうです。 また、役をしっかりこなせるかという不安と、体調が悪くなっていくことへの不安が過剰にありました。 1日中心配で毎日の生活にも支障が出ているようでした。 肝の鬱結など精神的な面だけでなく、体質的に血の不足も影響を及ぼしていたので、 肝を和らげ心と体を落ち着かせる漢方とともに体にしっかりと血を補う漢方を合わせて飲ん ・・・

動悸、不眠、精神不安が漢方薬で改善

 

    【40代後半 女性】     体調を崩してから精神的にしんどくなると相談に来られました。 お仕事には復帰されていましたが忙しい職場で、疲労が激しい様子でした。 精神が常に緊張状態にある感じで、気になることがあると頭から離れず夜も眠れないとのこと。 仕事中もイライラしたり、動悸もよく起こっていました。 とくに午前中がしんどいとのことでした。 心療内科にも行かれましたが、処方薬を服用すると攻撃的になり 余計にしんどくなるので中止されていました。   体調を崩されていたため気血が消耗しており、そこへ仕事の負担がかかりバランスを崩されているよう ・・・

緊張時の大量の汗が漢方薬で改善

 

    【50代後半 女性】     仕事がら外回りをすることがあるそうですが、人と話をするとき緊張でしたたるくらい大量の汗をかくとのこと。 相手から汗について指摘されるとどんどん出て止まらなくなり、なんとかしたいと相談に来られました。   夏でも冬でも汗はかわらず、ふき出すように出るとのこと。 また、更年期全盛期ほどではないが、静かにしているときも1日数回は汗をかくそうです。 夜中特に体が熱くなり、冬でも扇風機をかけることも。 他にも、不眠、腰痛、肩こり、頭痛などの症状がありました。   お体は、加齢や睡眠不足で体の潤いが消耗し熱が ・・・

TOP