漢方財 漢方財
柚花漢方のブログ
オリジナルマーク

相談事例一覧

consultation

体がだるい、呼吸が浅い

 

    【20代前半 女性】     1年ほど前から体がだるくなり、息がしづらくなり学校にも行けなくなりました。 動悸がたびたびあり、常にキー、ピーと高い耳鳴りもありました。 頭痛も週2、3回あり鎮痛薬が全く効かないそうです。 寝つきが悪く、不快な夢もよく見ていました。 そのため睡眠のリズムが乱れがちで夜中に寝て朝遅く起きるという生活でした。 イライラしたり考え込んだりと精神状態も悪く 家から外に出ることがほとんどなく 家にこもりがちであることがご本人ご家族さんの一番の悩みでした。   当初はひとつの体調の不良が原因でしたが、 そこから自律神経 ・・・

倦怠感、ほてり、のどのつまり、気持ちの浮き沈み

 

    【60代前半 男性】     3月くらいから倦怠感を感じるようになり 毎日しんどいと思うようになりました。 喉はいがらっぽく、痰がからんでいるような感じが常にありました。 睡眠はしっかりとっているのに日中眠くなったり 熱はないのに顔が火照って熱っぽい感じもありました。   今まで会社に出勤していたのが急に在宅勤務になり 環境の変化でバランスを崩されているようでした。 会社でも仕事上の難題を抱え気持ち的にも参っていらっしゃいました。 熱や痰などの症状は訴えておられましたが 実際風邪や熱の症状はなく、 ストレスからくる鬱熱と 気の滞りからほ ・・・

原因不明の不安、動悸、しびれが漢方薬で改善

 

    【40代後半 女性】     地震が起こった後くらいから突然動悸がしたり体がしびれるようになり、 また何も考えていないのに急に不安に駆られたりするようになりました。 地震のことを考えているわけではなく特に原因は考えられないとのことでしたが、 地震、悪天候が続いたことによる心労で心血が消耗している状態でした。 また、家にこもりがちで体に気が巡っていないのも状態を悪化させていました。 そこで心を中心に体に気血を補う漢方、肝を和らげ気を巡らす漢方を飲んで頂きました。 飲み始めてすぐに効果を感じはじめ、不安とともに症状もなくなったと喜んでおられました。 ・・・

朝の動悸、倦怠感が漢方薬で改善

 

    【20代前半 男性】     2年前体調を崩したのをきっかけに色々な症状が起こりはじめました。 朝起きると動悸がし、体もだるく気分もすぐれないとのことです。 夜中不安が強く出たり過呼吸になることもありました。 また、電車や会議室など閉所にいると苦しくなり動悸と吐き気が起こるそうです。 病院にも通いましたが異常がないため心療内科を紹介され、 抗うつ剤や安定剤を処方されましたが良くなりませんでした。   もともと体も強くなく、体調を崩して休むことよくありました。 お腹も弱く下しがちで、立ちくらみもよく起こっていました。 そのため、まず体の芯 ・・・

過度の不安と不眠が漢方薬で改善

 

    【30代後半 女性】     お子さんの幼稚園で役を引き受けるのをきっかけに眠れなくなったとご相談に来られました。 最初は寝付くのに1~2時間かかるだけでしたが、 最近は朝まで眠れないこともたびたびあり、寝付いた後もよく目が覚めるそうです。 また、役をしっかりこなせるかという不安と、体調が悪くなっていくことへの不安が過剰にありました。 1日中心配で毎日の生活にも支障が出ているようでした。 肝の鬱結など精神的な面だけでなく、体質的に血の不足も影響を及ぼしていたので、 肝を和らげ心と体を落ち着かせる漢方とともに体にしっかりと血を補う漢方を合わせて飲ん ・・・

不安と閉所恐怖が漢方薬で改善

 

    【40代後半 女性】     お子さんが外出先で怪我をしないかなど、ちょっとしたことが心配になり不安が強く出ていました。 また閉所が苦手でエレベーター、飛行機、新幹線に乗ると心臓がドキドキし息苦しくなってしまうとのこと。 普段車に乗られていましたが、洗車機や高速道路の渋滞など身動きのとれない環境にいると苦しくなり、 思うように生活することもできず悩んでおられました。 また、月経時の出血が多く常に貧血気味でした。   性格、過去の体験による不安で、肝が過度に鬱血している状態でした。 さらに血の不足している状態が不安をより増強させていました ・・・

倦怠感、冷え症が漢方薬で改善

 

    【60代後半 女性】     最近疲れやすく、休みの日になっても疲れが全くとれないと相談に来られました。 朝からうつっぽく体もだるく、夜になるとしんどくなるそうです。 冷え症もあり夏でも手足が冷え、夜中にトイレで目覚めるそうです。 肩こりもひどく休みの日には動悸も起こっていました。 週4日の仕事は重労働ではありませんでしたが、 上司が性格のきつい方で気苦労が絶えないようでした。 仕事のストレスによる肝の鬱結、心労による気血の消耗が体調不良の原因でしたので、 肝の疏泄を良くし体の緊張を和らげる漢方薬と気血を補う漢方薬を飲んで頂きました。 1か月後に ・・・

動悸、不眠、精神不安が漢方薬で改善

 

    【40代後半 女性】     体調を崩してから精神的にしんどくなると相談に来られました。 お仕事には復帰されていましたが忙しい職場で、疲労が激しい様子でした。 精神が常に緊張状態にある感じで、気になることがあると頭から離れず夜も眠れないとのこと。 仕事中もイライラしたり、動悸もよく起こっていました。 とくに午前中がしんどいとのことでした。 心療内科にも行かれましたが、処方薬を服用すると攻撃的になり 余計にしんどくなるので中止されていました。   体調を崩されていたため気血が消耗しており、そこへ仕事の負担がかかりバランスを崩されているよう ・・・

不安・パニックが漢方薬でなくなりました

 

    【40代後半 女性】     今年の健康診断で、頻脈、心電図の異常を指摘されてから不安が強く起こるようになり、 仕事中のトラブルがきっかけでパニック発作が起こりました。 その後不安なことがあるたびに眠れず、心配事があると頭から離れないと困っておられました。 10年以上前にもパニック障害で心療内科に1年以上通院したことがあるそうです。 また、運悪く自治会の役員に当たったこともあり精神的にもいっぱいいっぱいな状態でした。   現在、長期間の思慮で心・肝の血が消耗しており、 過去のパニックがトラウマとなり極度の肝の緊張を起こしている状態でした ・・・

体に合った漢方薬で仕事復帰

 

    【20代後半 女性】     人間関係のトラブルで会社に行けなくなり、心療内科に通われていました。 心療内科では2種類の薬と漢方薬を処方されていましたが、 少し寝やすくなるくらいで良くならないため相談に来られました。   めまい、頭痛、倦怠感、動悸、耳鳴りなど様々な症状が起こっていました。 病院の漢方薬をやめてもらい、現在の状態に合った漢方薬を考え、 体の緊張を和らげ肝を鎮める漢方薬、心の疲弊による血の消耗を回復させる漢方薬を飲んでもらいました。 またお悩みの症状は、焦ることによりよくなっていたものが再度悪化する傾向にあるので、 焦らな ・・・

TOP