漢方財 漢方財
柚花漢方のブログ
オリジナルマーク

相談事例

consultation

倦怠感、ほてり、のどのつまり、気持ちの浮き沈み

 

 

 

【60代前半 男性】

 

 

3月くらいから倦怠感を感じるようになり

毎日しんどいと思うようになりました。

喉はいがらっぽく、痰がからんでいるような感じが常にありました。

睡眠はしっかりとっているのに日中眠くなったり

熱はないのに顔が火照って熱っぽい感じもありました。

 

今まで会社に出勤していたのが急に在宅勤務になり

環境の変化でバランスを崩されているようでした。

会社でも仕事上の難題を抱え気持ち的にも参っていらっしゃいました。

熱や痰などの症状は訴えておられましたが 実際風邪や熱の症状はなく、

ストレスからくる鬱熱と 気の滞りからほてり、喉の症状が起こっていました。

 

そこで気を強く巡らす疎肝理気の漢方と、

心の消耗からくる陰血を補う漢方を服用していただきました。

飲み始めて1か月くらいで 喉の痛みや違和感が消え、ほてりや発汗がなくなりました。

日中の眠気もなくなり体や気持ちもだいぶ元気になってきました。

そのまま続けてもう1か月服用すると 体の不調はほぼなくなり、

毎日元気に仕事ができるようになり

ウォーキングなど体を動かすことも楽しまれているようです。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:うつ・パニックほてり喉のつまり倦怠感

 

漢方薬局|大阪|柚花香房

漢方薬局 柚花香房

大阪府吹田市山田西3丁目57番20号ピアパレス王子101

問い合わせ:06-6816-9677

TOP